2010年06月03日

医療費確保の道筋は「デフレ脱却」―民主・梅村議員(医療介護CBニュース)

 民主党の梅村聡参院議員は5月28日、全国自治体病院協議会が開いた「自治体病院管理者研修会」で「これからの医療情勢」をテーマに講演し、医療費確保への道筋の一つとして、デフレから脱却することが重要だとの認識を示した。

 梅村氏は、「役人に任せている政策は、すべてデフレ政策になる」と指摘。デフレから脱却するには、一定程度の財政出動も考慮すべきとした。

 梅村氏はまた、消費税引き上げによる医療費の確保は、世論の反対などで非常に難しいと指摘。一方、党内では、社会保険料を中心に医療費を確保するとのコンセンサスがあると説明した。その上で、「医療に対して個人と企業が担う(負担の)割合も考えなければならない」と述べた。

 さらに、民主党の考え方として、「基本的には、診療報酬で運営費をしっかり確保できるようにすべきとの方向がある」と指摘。その上で、「少なくとも次回の診療報酬改定では、入院基本料の部分をしっかり確保する、運営費の基礎的な部分を税なり予算なりで手当てしていくシステムを、きちんとつくっていかなければいけないと思う」と述べた。
 2012年度の診療報酬と介護報酬の同時改定については、「医療と介護の財源の配分も、大胆に見直さなければいけないと思っている」と述べた。

 また医療提供体制について、「本来、病院は入院、救急、手術などで経営が成り立つような診療報酬システムにしないといけない」と述べ、病院へのフリーアクセスの制限を地域による事情も踏まえて検討する必要があるとの認識を示した。その上で、「場合によっては、外来を制限した医療機関の入院基本料を上げるということを、近々やらざるを得ないと考えている」と述べた。


【関連記事】
経営改善は「喫緊の至上命題」―全自病・邉見会長
「入院基本料を適正な水準に」―永生会・安藤氏
財政健全化、成長戦略など4本柱を追加−民主マニフェスト企画委
マニフェストへの反映は「時間的に不可能」―介護議連の藤田氏
医療費増を目指す民主議連が発足−「診療報酬の大幅アップを」

<口蹄疫>農水省が種牛候補を提供の用意 宮崎県の要請で(毎日新聞)
邦夫氏長男の太郎氏「舛添新党」から参院選出馬(スポーツ報知)
社民、連立是非で再協議=福島氏「県内移設、明確に反対」―普天間(時事通信)
口蹄疫問題 特措法あす成立・施行 ワクチンほぼ完了(産経新聞)
普天間問題 鳩山首相、福島消費者相を罷免(毎日新聞)
posted by cq2fgm5ucv at 18:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。